貴方の声が、届かなくなるまでは

 

 

 

存在理由

 

 

 

いつも、前を向いているのね

血の乾かない傷を隠して

どんなに辛くても

どんなに苦しくても

その道の先に、「救い」がなくても

 

 

貴方はひとり歩いて行くのね

 

 

あの夏の日

私の中に貴方が宿った

強くて弱い、その姿

ただ、傍にいたかった

貴方を傷つけるすべてのものを壊したかった

貴方の為に、傷つきたかった

 

 

あれからどれだけ経ったのだろう

 

 

貴方の強さも弱さも

優しさも厳しさも

全部、私の中にあるから

たとえ貴方の中に私が居なくても大丈夫

泣いたりしないから

 

 

せめてこのままでいさせて

もうすぐ来る最期の時まで

 

 

貴方のすべてを、守っていさせて

 

 

 

 

天上天下、五十鈴 絵美の独白・・・のつもりです(爆)

個人的に自己犠牲型の女性は好きです(でも鬱陶しいのは嫌い)

本当は彼女が暗器使いになった「きっかけ」も書きたいんですが

とりあえず、もう少し精進してからにします・・・